スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
好き、嫌い
2007 / 10 / 11 ( Thu ) 00:19:49
今までは平穏だったんだ。

好きな人は好き、嫌いな人は嫌い。

小学校はガリ勉で中高と男子校だったから、男子としかロクに話さなかった。

男子は、仲間意識があるかどうか、相手の目を見ればわかる。

"ホモと友情って、紙一重だよね。"
なんて言う人もいるけど…。

だから、嫌いな人とはできるだけ関わらないようにしながら生活してた。

だから、ネットとかでも男子はかなり打ち解けやすいんだ。

でも周りに女子なんていない。

イレギュラー因子なワケであって、

学校の先生とか、そういう人なら大丈夫なんだけど、

男子と同じように扱う事ができない っていうのは

とても難しいんだ。

最近は部活とかでだいぶ会話する機会も増えてきたし、

日常会話ぐらいならできるんだけど、

相手を怒らせちゃった時とか、
相手に不快感を与えちゃった時とか、

経験した事がなくて、

どっちかって言えばKY気味であんま持ち合わせる甲斐性も無い俺は

どう出て良いのかわからない。。。

キョドんなってば!
ってよく言われるけど、
本当に、わからなくなる。。。

気まずい雰囲気の時に、
相手になんて声をかければ良いんだろう…。

相手のことをもっとよく知りたい。
相手ともっと話をしたい
笑いあいたい。

そんな事を思っていても、自分に都合のいい理由を作っては避け、作っては避け、 を繰り返してきた。

もう、避けたくなんか無い。

知りたいんだ。

時間を共有したいんだ。
一緒に笑いたい、一緒に泣きたい
同じ感情を共有したい。

相手にこういう感情をもつのっておかしいかな?
自分が相手と話したくても。
相手にその気が無くて

迷惑がられてるんじゃないか。
ウザがられてるんじゃないか。

そう、不安になる。

俺にだって、そういう経験があるんだ。

だから、あの時の辛さはもう思い出したくない。
だから、話しかけない

その悪循環だ。

相手の反応が無いことほど
相手とのコミュニケーションで怖いことは無いよね。

俺はそれで、一人の大切な親友を失いかけた。

とても仲良くしていた、
一緒に笑って、一緒に怒って、

だから、俺が考える事のすべてがわかってるんじゃないか
って、無意識のうちに錯覚してたんだ。

だから、明日話せば良いや が続いて、
とんでもないことになりかけた。

親しき仲に礼儀が無くなれば、
それはただのワガママであり、
他人以上に相手を傷つけてしまうってこと

今思えば簡単な事なのに。

いつも良く相談に乗ってくれる、気さくなお姉さんにいろいろと教わった。

若いうちは、よく失敗を恥じるんだけど、失敗を恥じることが一番の失敗だと思うよ。 って。

若い俺たちにとってそれは

何よりもありがたい言葉であって
そういう言葉を胸に刻み続けて
強くなれる。

そう、思った。

だから俺は、どんな失敗をしても隠すつもりは無いし、次に繋げれば失敗は成功に変わるんだ
って思った。

文脈ぐちゃぐちゃで言ってることイミフだけど、

伝わってくれると良いな…。
スポンサーサイト
未分類 TB:0 CM:3 admin page top↑
<<何かが…違う… * HOME * 痛い…>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
 

いいこと書いてて感動した
by: K * 2007/10/11 00:38 * URL [ *編集] * page top↑
 

俺はずっと学校共学で女子と触れ合う機会多かったけど
今でも女はよくわからないよ
奥が深すぎる


初めて会う人のことは、女子だろうと男子だろうと
何も知らないし、どういうことで不快に思われるかも
解らないんだから、ありのままの自分で接すれば
いいと思うよ
きょどってる霧もおもしろいっていう人もいるだろうしね

やっぱりどうしても、気が合わない人はいるし
ありのままの自分で受け入れてもらえなければ
仕方のないことだと思うよ

と人見知りのフィソでした
by: フィソ * 2007/10/16 02:31 * URL [ *編集] * page top↑
 

ほぉー…
ありのまま…か。。。


アドバイスありがとネ('-^*)っ☆
by: きりの * 2007/10/16 20:48 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://kirikirikururu.blog88.fc2.com/tb.php/167-c8a5e30f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。